無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
外メシ130。〜魚の頭のスープ〜
 JUGEMテーマ:グルメ
                                          

魚の頭がどかっと入った八宝白湯スープを頂きました。

 

魚の頭、エビ、竹蓀(ちくそん、別名:衣笠茸<キヌガサタケ>)、鶏肉、アワビ、白身魚の団子などが入っています。豪華です。

 

濃厚な白湯スープは身体に良い味がします。魚のお団子は豆腐よりも滑らかで、そしてふわふわと軽く、口の中で溶けてしまいそうです。この手の団子は市場等でもよく売っていますが、ここまで滑らかな口当たりではありません。さすが、有名どころのレストランのお団子です。

 

 

山外山は昔からある老舗レストランです。遠い昔訪れたときには薄汚いレストランというイメージでしたが、今はなんだかこざっぱりした良い感じです。テラスや屋外で食事することも出来るようです。

 

杭州の方は、「楼外楼」と「山外山」という言葉が詠み込まれたこの詩が好きです。

 

 

楼外楼 山外山 楼山之外人未還 人未還 雁字回首 早過忘川 撫琴之人涙満衫 揚花蕭蕭落満肩

 

AT  杭州玉泉路8(杭州植物園内)の山外山さん

       TEL:0571-87986621


| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ129。〜キンモクセイのスープ〜
 JUGEMテーマ:グルメ

中華の創作料理を頂きました。
お皿の大きさがテーブルと合っていないため、料理が全然テーブルにのりませんでした。

結局小さいお皿に移し替えてもらってから頂いたので、盛りつけを楽しむという美的作業は体験せぬままでした。


マッシュポテトの上にアイスクリームがのったサラダは味が創意工夫は感じましたが、完成形ではではない気がしました。という

金木犀と紅麹を使った酒糟のとろ〜りとしたスープを頂きました。色が鮮やかでした。こちらのレストランがある満覚隴は金木犀の名所でもあります。スープからは金木犀の香りがトイレの芳香剤のように刺激的に漂うのではなく、品のよい甘い香りが漂って来ました。紅麹は「腐乳(fǔrǔ)」という豆腐の発酵食品を作るときにつかわれているもので、沖縄の「豆腐よう」も同様です。そして、臭いです。ですので、紅麹のスープと聞き、瞬時に「臭い?」と思ってしまい、恐る恐る口に運ぶことにしたのですが、臭くありませんでした。当たり前です。紅麹そのものは臭いものではないですし、日本酒が臭くないことからも予想すべきでした。しかし、「腐乳」の匂いが苦手なので、警戒してしまったのです。結果、金木犀が加わったさっぱりした温かい甘酒を一層美味しいと思いながら、頂くことが出来ました。

金木犀の季節になると村中がその香りで満たされますし、お茶の季節には新茶作りをされている姿を村中で見ることが出来る良い場所にあるレストランです。

 AT 杭州西湖区満覚隴路四眼井27号の蘭桂坊私房さん
    TEL: 0571-86882111

| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ128。〜焼売〜
 JUGEMテーマ:グルメ

焼売を頂きました。
 







丸テーブル一つだけの屋台です。


杭州カルフールにほど近い小さな住宅街湧金門社区の入り口(開元路側)にその屋台はあります。夜8時から営業、毎日100蒸篭しか作らないという焼売が売り切れるまで営業しているそうです。どうやら、お店の人は昼間は他の仕事をしているようで、この焼売屋さんは副業なのだとか。常連に連れられてくるお客さんがほとんどのようですが、この小さな値に車で乗り付けてくる人もいます。知る人ぞ知るといった感じが漂っています。

注文を受けてから作る焼売は皮に粉が残っているところが手作りっぽいです。中国の豚まんや小籠包にありがちな、豚臭さのない豚肉とタケノコ入りの焼売は思った以上に美味しかったです。1蒸籠10元です。

焼売以外にもお客さんが必ず注文する牛骨とカブの煮込み。こってりしているようでさっぱりしているスープを最後まで飲み切ってしまいました。飲み物の提供は一切ありません。夜遊びの帰りに頂くと良いかもしれません。


AT 杭州上城区開元路湧金門社区(延安路と開元路の交差点を東へスグ)入り口の名もない看板もない焼売屋さん


| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ127。〜ツナサンド〜
 JUGEMテーマ:グルメ

息子がツナサンドを食べているのを羨ましく見ました。一口もくれませんでした。つまり、美味しかったということなのでしょう。














エビたっぷりの焼きビーフン、チャーシューの盛り合わせ、濃厚なミルクティーなどを頂きました。頂いたお店は翠華茶餐廳さんです。こちらは元々香港のお店で、翠華茶餐廳さんは老舗で、且つかなりのビックネームなのだとか。おいしかったのですが、麺等はなんとなくファミレスで頂いているような気分になりました。

とは言っても、お肉の皮が非常にパリパリしていて、好印象でした。





上海ではよく茶餐廳を見かけますが、どこも結講人気です。こちらのお店はかなり広いのですが、休日の昼時に訪れたせいか1時間近く待ちました。上海の人は相当辛抱強いと感心しました。


 AT 上海盧湾区徐家匯路618号日月光中心広場1Fの翠華茶餐廳(Tsui Wah Restaurant)さん      TEL:021-64660030

| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ126。〜龍井蝦仁〜
 JUGEMテーマ:グルメ

龍井蝦仁を頂きました。
デザートには可愛いお団子が出てきました。
お酒ばかり飲んでいたので、料理の味はよく覚えていません。










 知味観味荘は西湖の楊公堤にあります。左の写真はその敷地内でとりました。知味観味荘は6棟からなっています。6棟は回廊でつながれ、すべてが西湖に浮いた状態です。窓から見える景観も素敵です。


AT  杭州楊公堤10号の知味観味荘さん
    TEL:0571-87970568




| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ125。〜爆油蝦〜
 JUGEMテーマ:グルメ

爆油蝦などなどを頂きました。
ゆずジュースがとても美味しかったです。

創作料理をメインにした運河沿いのとても感じのよいレストランで頂きました。

女の子のお友達と行く良い感じのお店です。





AT 杭州拱墅区橋西直街の刀剪博物館近くの院子餐廳さん
  TEL:0571-88194788




| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ124。〜爆魚麺〜
 JUGEMテーマ:ラーメン

爆魚麺を頂きました。
てんこもりです。

具は魚のフライと雪菜(野沢菜のような食べ物)、そしてキクラゲです。魚はたぶん草魚です。臭みもなく上手にフライされていました。

ふらっと迷い込んだ古い団地の一角にあるラーメン屋さんでしたが、味もそこそこ量は見ての通りで、結構満足でした。

おじいちゃんやおばあちゃんがひなたぼっこしている姿がみられる気持ちのよいお店でした。


   AT  杭州湖野南路董家社区(杭州市大関中学横)にある白汁面館さん
| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ123。〜上海風トンカツ〜
 JUGEMテーマ:ラーメン

上海風トンカツに田ウナギのラーメン、肉の辛みそ炒めラーメンを頂きました。

蘇州・上海あたりでよく見かける硬麺に甘辛い具がたっぷりのったボリューム満点のラーメンでした。




揚げたての上海風トンカツ(面托排骨、炸猪排)には泰康黄牌の上海辣酱油風味调味料(ウスターソース)をたっぷりかけて頂きました。サクサクのころもに、酸味のきいたウスターソースがしみ込んでいきます。

トンカツはボリュウーム満点で15元。上海の物価から考えると、高いとは言えないお値段ではないでしょうか。

公道占拠中のテーブルは次から次へと訪れる地元の方で一杯です。

お店の名前にもなっている
辣肉絲麺を頂きました。辛いですが、甘さも潜んでいました。辛い上に、太陽の光をがんがん浴びながら食べましたので、汗がぼとぼと……。

おいしゅうございました。


   AT 上海黄浦区肇周路104弄の辣肉絲面館さん


| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ122。〜中国風お麩料理〜
 JUGEMテーマ:グルメ

お麩(烤麩 kǎo)料理を頂きました。
甘辛く煮付けられたお麩です。甘さ加減が上海風でした。

黄魚のフライに通天閣の近江屋さんの串カツのコロモを思い出しました。


思いがけず美味しかったのは、八宝なんとか年糕(お餅の入り八宝菜?)で、硬からず軟らかからずのお餅にこれまたお砂糖と醤油の味付けがいい感じでした。

このお店は日本で出版されている上海のガイドブックにもの掲載されているお店のようです。午後7時過ぎに訪れましたが、行列ができていました。テーブルに着けたのは午後8時。上海の人は比較的行列に耐えられるタイプなのだと実感しました。



  AT  上海盧湾茂名南路132号乙の瑞福圓酒店(聯誼餐廳)茂名店さん
               TEL:  021-64458999
     
| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外メシ121。〜中国朝鮮族風冷麺〜
 JUGEMテーマ:ラーメン

冷麺を頂きました。

肉、トマト、黄瓜、ウズラの卵、ピーナッツ、キムチ、胡麻がのっていました。思ったより、具が多かったです。
スープはちょっと酸っぱ目で、尚かつちゃんと冷えていました。麺もちょうどよい弾力でした。

お店の看板には「北京」という字が書いてありましたし、話す中国語も北京あたりの人が話す訛りがありましたので、朝鮮族の方ではないと思いましたが、冷麺は韓国系ではなくそっち系だと思いました。


店構えと土地柄から考え、10元〜12元ぐらいかなと思い、「いくら?」と尋ねたところ、「7元」という答えがかえってきました。思ったより安かったので、驚きました。小さい小さい郊外のお店で、韓国人が経営しているお店ではないので、この価格が可能なのでしょう。韓国人が経営する韓国料理屋さんで冷麺を食べると、ここ杭州でも25元ぐらいとられるのは普通です。この冷麺を食べ、随分昔にタイムスリップした気分になりました。

   AT 杭州紫荊花北路の望月公寓内の焼き肉屋さん
| bunjindo | 食人的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |